JSCT 2020 on Web 日本CT技術学会第8回学術大会

JSCT 2020 on Web 日本CT技術学会第8回学術大会

第8回学術大会は、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響を受けて、Web開催とすることにいたしました。
テーマ: 持続可能なCT技術 Sustainable CT technology
開催日: 2020年10月26日(月)~11月8日(日)
シンポジウム開催日:10月31日(土) 大会長: 学会主催につき、不在
実行委員長: 学会主催につき、不在
演題募集: 2020年8月3日(月)~8月31日(月)
参加費:会員 2,000円 非会員 3,000円
※参加申し込みはWEB学術大会サイトにて受付いたします。
 受付開始日は追ってご案内申し上げます。

ご挨拶

JSCT2020 日本CT技術学会第8回学術大会は、新型コロナウィルス(COVID-19)の感染拡大を受けて、Web開催となりました。
テーマは、「持続可能なCT技術 Sustainable CT technology」とさせていただきました。2018年のJRCでかの有名なCT技術開発者のDr. Willi Kalenderは、様々な新技術や新システムについて述べ、最後に「CT is alive!、 CT saves lives!」と締めくくりました。これからも、医療画像診断において重要な役割を担いつづけるCT技術について、皆様の研究成果をぜひご発表ください。また臨床経験豊富で実績のある医師や技術者によるご講演やシンポジウムをストリーミング配信いたしますのでご期待ください。

Web学術大会責任者
日本CT技術学会代表理事 市川 勝弘

演題登録

演題応募期間

2020年8月3日(月)~8月31日(月)

演題応募資格

応募者(演者)は本学会の会員・非会員を問いません。

発表形式

Web上にポスターを掲載していただきます.(方法は後にお知らせします)
掲載期間:2020年10月26日(月)~11月8日(月)(予定)
質疑は、HP上のご意見フォームにて行います。
※掲載期間において、寄せられた質問に、Emailでお答えしていただきます。

研究倫理について

ファントムを用いた技術研究以外のボランティアを含めた臨床研究(疫学研究を除く)の場合には、所属施設での倫理委員会もしくは所属長の承認を受けた研究に限ります。自施設での倫理委員会もしくは所属長の承認については、発表後論文にその旨の記載をお願いします。

演題登録要領

演題登録は、下記専用サイトよりお申し込みください。

演題名は全角50文字以内、抄録本文は全角700 文字以内(改行文字はカウントしません)となります。本文では、目的・方法・結果・考察・結論の順に記述してください。

受付完了後に、入力いただきましたメールアドレス宛に「演題登録番号(申込番号)」と演題登録完了通知メールが届きます。通知メールが届かない場合は、演題登録が完了していないか、登録したメールアドレスに誤りがある可能性がありますので、大会事務局までお問い合わせください。

演題登録時に発行された演題登録番号(申込番号)と演題登録時に設定したパスワードを入力することによって、登録締切までは、ご自身の要旨を何度でも確認・修正することができます。

演題登録はこちら

※締切前はサーバーが混雑する可能性がありますので時間に余裕をもってご登録ください。